Linuxを中心とした話題を投稿予定。 使用ディストリビューションであるFedoraが中心になると思われます。http://oedipa.wiki.fc2.com/にてTips Wikiを公開してます。
すげぇなぁ・・・
7月版 新ファイルシステム「ext4」開発開始か
はっきり言って内容はほとんどちんぷんかんぷんなんですけれどね^^; こういうのを見てると結構楽しいんですよ。なるほどカーネル開発の最先端ってことで。意外とシステムコールにもバグが入り込んでるんだなーとか、新しい機能を盛り込むことに依る過去の遺産との兼ね合いの難しさとか。ほんと、OSの核となる部分ですから実にハードウェアより。というか新しく実装されたCPU命令に対するコマンドを実装って、CPUの仕様書を読んでるのか!すっげーなぁ!って感心しきり。 英語だってこともあるんですが読んでみてもさっぱりだったんですよねぇ。新たに追加された機能についての言及があるわけですが、
「で、これによって何がどういう風にお得になるんだろう・・・」
ってことが理解できないんですよねぇ^^; 知識不足も大いにあるんですけれど。でも分からないなら分からないなりにこういうコラムは読んでて楽しいです。世の中にはすげーハッカーがいてその人達の努力によってLinuxとかフリーウェア、ドライバが作られてるんやなーと。願わくば自分もその一員となってみたいという思いはありますけれど、いやはや知識も能力も足りてませんな^^;
トップクラスの技術者の方々はどうやって知識を得たのかなぁ。私と同年代かそれより若い世代がたくさんいろんなソフトウェアを開発してたりしますけれど、Blogや雑誌のコラムを見ても「独学です」なんて書いてらっしゃるし。独学でもとてもじゃないが追いつかんよーw やっぱ注いでる時間が違うんだろうなぁ・・・。
いろんな言語はかじっているけれどまともに開発する能力がまだないんだよなぁ。そろそろ言語を色々と触るんじゃなくてアルゴリズムに注目していかないといけないか。夏休みのうちに色々とまた手を出していきましょうかねぇ・・・。
と、いつも思うけれどなかなかできないのよね^^; 頑張りたい!
スポンサーサイト



あれ、そういえば・・・
昨日試験勉強をしつつ、友人に質問を投げかけようと思ってKopeteを起動したんですよ。GaimじゃなくてKopeteにした理由は手書き文字が送信できると思ったから。が、実際には手書き文字が受信はできるけれど送信はできなかったんですよねぇ、残念。
で、そういえばちょっと前にKopeteで接続しようとしたら接続できなかったんですよ。えぇ、なぜか。それが今回何の問題もなく接続できていたのでちょっとびっくり。まぁ割とよくあることではあるんですが^^; トラブルの原因はよく分かりませんが問題なく繋がっているのでよしとしましょうか。
で、結局手書き文字が送信できないと言うことでWindowsに切り替えて送信しようとしたんですが、手書き文字入力のタブが開けない!!!
「この機能を有効にするには必要なコンポーネントをインストールするか更新する必要があります」
っていうダイアログとOK、ヘルプボタンのみ。何のコンポーネント化分からないので当然ヘルプボタンを押すわけですが、出てきたヘルプは手書き文字入力への切り替え方法のみ。肝心のコンポーネントに関する記述はゼロ。
どないやねん、これやからM$はキライなんじゃー!!!とかふて腐れつつそーいやなんかインストールしてなかったら使えへんかったよなーと調べてみると、どうもWindows Journalビューアとかいうアプリが必要だった模様。以前は手書き入力できていたことから類推するに、てけとーなタイミングでいらないと判断して削除してしまっていたらしい^^; いつ削除したかは全く思い出せませんでしたが(ぁ
で、インストールすべきコンポーネントが分かったので次はDLするところを探すわけですが、まず最初に見つかったDL場所はWindows Update。とりあえずUpdateサイトへ行って、カスタムを選択してもそこにビューアがない!!! ねーじゃん!!! って思いながらMicrosoftのサイト内検索を使うとようやくおでまし。で、DLしてインストールして無事手書き入力ができるようになりました。
つーか手書き入力をしたいというそれだけのために随分遠回りをした気がする・・・。普段あんまり使わない機能だけにいざ使いたいときに使えないとすっごく困りますね^^; つーか他のアプリに依存してるなら削除の時に警告してくれOrz 多分警告はまったくなしで削除したんじゃないかなぁ。警告されてたら削除は中止してるし。
ちょっとした意地悪にあった気分でした^^; 同じMicrosoft系列のソフトなんだし、依存関係くらい把握しておいてくれ・・・Orz