Linuxを中心とした話題を投稿予定。 使用ディストリビューションであるFedoraが中心になると思われます。http://oedipa.wiki.fc2.com/にてTips Wikiを公開してます。
あーやっべぇ・・・
久々に家で研究用のプログラム組んでるけれど・・・、
バグが取り切れねぇ!!!Orz
普段はパーツを細かく分けて、それぞれが正しく動作することを確認してから汲み上げていくのですが、今回は相互に関連を持つモジュールが多く、それぞれを組み上げないことには動作チェックが出来なかったんですよね・・・。
で、コード上は一応組み上がりまして、動作させてみたのですが・・・、これがどうもきちんと動いていないらしい。アルゴリズムとして正しいことは既に分かっているので、実装がまずいのは間違いないのですが・・・、こうなるとどこがおかしいのか探すのが大変なんだよなぁ・・・。
はぁ、今回のプログラムはどこがおかしいか探すのに骨が折れる。。。 月曜日のミーティングまでに結果を出すのは無理そうだなこりゃ^^;
スポンサーサイト



ウイルスに感染したのかと思ったぜ・・・
今日は久々に研究を家に持ち帰る羽目となり、ちょいとブルーな気分でPCに向かっていたら、突然何の前触れもなくインストーラのダイアログらしきモノが起動。しかも勝手に何かインストールしくさりました。おまけにウィンドウに何のタイトル表示もなし。
それだけにあきたらず、いきなりそのダイアログが消えたと思ったら
「アプリケーションの完全なインストールには再起動が必要です。全プロセスを終了し、再起動してください。今すぐ再起動しますか?」
なんて英語のメッセージとOK、Cancelボタンのついたダイアログを表示してきやがった。ちなみにこいつのウィンドウのタイトルは「Setup」のみ。怪しすぎるっちゅーねん。
すぐさまavast!を起動、HDDをフルスキャンするかたわら、タスクマネージャを開き怪しげなプロセスのチェック。すると
「upgrdhlp.exe」
といういかにもあやしげなプロセスを発見。再起動要求にNo!と言ってやることでそのプロセスが消えたことを確認。早速ぐぐってみました。
そしたら見つかりました。このプロセスに関する情報が。
どうやらRealPlayerの自動更新プログラムらしい。試聴コーナーでRealMediaを再生したときに更新通知でも来てたんだろうか・・・? だけどそれならそうとウィンドウにRealPlayerとか書いとけっちゅーねん。紛らわしすぎるわ!!!
確認のためRealPlayerを起動。なるほど、「更新を完了するためにはRealPlayerを再起動する必要があります」ってなダイアログが。OKボタンを押すと、先ほどと同じ再起動要求ダイアログが。
そして今回はRealPlayer Upgrade Setup」とウィンドウに書いてありました。最初からそう書けや!!!
ほんとRealPlayerは嫌いだ・・・。けどたまに試聴コーナーとかではRealMediaを要求してくるし、アンケートサイトのアンケートにRealPlayerで再生するタイプのモノが出てくるから入れておかないと仕方ないんだよな・・・。
まぁフルスキャンの結果ウイルスは検知されなかったし、実害はなかったから良かったけれど・・・、ほんと観戦したかと思って焦ったぜ・・・。
ほんっと、ユーザに優しくねー仕様だな!!!