Linuxを中心とした話題を投稿予定。 使用ディストリビューションであるFedoraが中心になると思われます。http://oedipa.wiki.fc2.com/にてTips Wikiを公開してます。
-10度
今日、本屋に行くついでにPCパーツショップへ寄ってきました。CPUファン用の3ピンコネクタの接続コネクタを買うためです。

今使っているケースには最初から3つのファンがついていました。前後に1つずつと、ケース横のパッシブダクトです。で、そのどれもが3ピンだったのですが、マザーボードの3ピンコネクタは2つしかなく、かつ電源についているコネクタに3ピンは1つもありませんでした。

ということで、どれか諦めざるを得ないので、前後のケースファンに繋いで、横は放置してました。

が、なんか勿体ないなということで、ようやく今日買いに行った次第です。安いもんでした。500円ですね。電源から4つのファンが繋げられるように分岐してました。4つも要らなかったんですけど、それしかなかったので^^;

で、帰って早速接続。でPC起動。今まではアイドル状態で

システム:46度前後
GPU:66度前後

だったのですが、横のファンを稼働させたところなんと

システム:36度前後
GPU:57度前後

と、約10度も下がりました!
驚いたーあたしだけ?
まさか横のファンを稼働させただけでそんなに効果があるとは驚き。騒音レベルもほとんど分からない程度。こんなことならもっともっと早く、というかこのPC組み立てたときに買っておくんだったなぁ・・・。夏本番終わった後だよOrz まぁこれは来年もまだ元気に動いていると思うからいいけどさ。

とりあえずこれで結構冷えてくれるようなので、熱暴走の心配はなさそう。どうやらLinuxでBerylが不安定なのもGPUが熱暴走しているからではないかとの噂ですし。確かに、私が今使っているのはファンレスですからねぇ・・・。今になって思えば、ファン有りでも別によかったかも。大して騒音気にならないや。夜中稼働させるわけで無し。今度組むときはそこいらにも注意しよう。

次に組むとしたらミュージックサーバかな。コンパクトに仕上げて、音楽再生に特化させたいところ。AmarokとかはHTTPで操作できる拡張とかあったりするから、家庭内ミュージックサーバとしては便利そうだ。

ま、就職して、給料入ったら、の話だけれどね^^;
スポンサーサイト