Linuxを中心とした話題を投稿予定。 使用ディストリビューションであるFedoraが中心になると思われます。http://oedipa.wiki.fc2.com/にてTips Wikiを公開してます。
[Linux]Screenletsがめっちゃ進化してた
Linuxで使える、Mac OS Xのダッシュボード風アプリ、Screenletsがめっちゃ進化してました。

Home - Screenlets.org

これまではScreenlets用にアプリを作り、それをデスクトップに並べて楽しんでいた訳ですが、最近のバージョンになって他のアプリのガジェットをScreenletsで利用できるように変換する機能を搭載したようです。

現在、Screenlets用に変換できるのは主に「SuperKaramba」、「Googleガジェット」の2つ。他にも色々あるみたいですが私の知らないものだったので割愛します(Googleガジェットのように、Web上で使うもののようでした)。

SuperKarambaについては、Screenletsのガジェットの中にSuperKarambaのガジェットを表示するというものがありました。それを取り込んだような形です。

そしてGoogleガジェットについてはLinux版Googleデスクトップですら実現していない機能を提供してくれることになります。動作状況については上記リンク先にある「LATEST NEWS」のカテゴリにて紹介されています。

具体的には「Google gadgets now run on Screenlets engine ...」、「SuperKaramba themes now runs on Screenlets engine ...」にてYouTube動画を用いて紹介されています。

実際に私も試してみました。が、残念ながら動作せずです。Fedoraかつ64bitという環境だからということかもしれません。件の動画はUbuntuで撮影されたものですので、Ubuntuなら動くのかも。

一応ログには
$ cat .config/Screenlets/GoogleDocsScreenlet.log
First workarround didnt work let run a second manual workarround
Your running fedora , make shure you have seamonkey installed
daemon already started

と書いてあり、Fedoraでも動くような感じはするんですが、動かないです。Seamonkeyもインストールしたんですけれどねぇ。動画では動いていますので是非とも動かしたいものです。

ちなみに、変換作業はめっちゃ簡単です。注意点として、GoogleガジェットをScreenletsに変換する際のガジェット名には日本語を使っちゃダメってくらいですね。起動に失敗します。半角の空白は大丈夫でした。

SuperKarambaのウィジェットについては正しく変換できました。これにより、SuperKarambaの遺産も利用できることになります。ただし、Screenletsは拡大縮小をすることを考慮してデフォルトではSVG形式の画像を使用することとなっていますが、SuperKarambaはデフォルトではPNG形式の画像がほとんどです。特に拡大は汚くなることがありますのでご注意を。

デスクトップを飾るガジェットツールはたくさんありますが、こうして他の形式のモノを変換して利用できるのはエンドユーザからするととても便利です。それぞれの遺産を手軽に利用できるのですから。

Linuxでの実績が固いのはSuperkarambaですが、Googleガジェットはユーザ数が圧倒的です。Screenletsのウィジェットは少々レパートリー不足に見えていましたから、この機能追加は滅茶苦茶うれしいですね。

とりあえず、Googleガジェットを動かせるように頑張ろう。Vista64bitでは動作しない、Flashを用いたGoogleガジェットがデスクトップで動かせるかもしれないぞ・・・。
[日常]やられたぜ・・・
ちょっくら新しいケータイに、古いケータイからのデータを移そうかと思って外部メディアの形式を調べたらなんと新しいのはmicroSD。いやまぁ、最近のケータイはみんなそうだし、当たり前っちゃー当たり前なんですけれど、W43TまではminiSDだったんですよねOrz

ということで、W43Tのデータを取り出すことはできても、W55Tに移せない。microSDは特に必要としていなかったので持ってないんですよねぇ。というか、最近ケータイにメディアはつけてくれなくなってるんですね。私の持っているminiSDはそもそもケータイを買ったときに一緒についてたやつでした。

といっても、もうずいぶん前、A5501Tという6年前の機種ですけどw そのときは16MBがついてましたねぇ。6年間も使えたのだから素晴らしいわw

で、「microSDがないならUSB WINとau Music Portを使えばいいじゃない」という○リー=アントワネットばりの発想に至りまして、さっそくVista起動。

で、システム要件を確認したところ、「Vista対応(32bit版のみ)」という記載がOrz

えぇ、分かってた、分かってたよ・・・。どうせそんなこったろうと思ってたさ・・・;;

ったく、これだから64bit版は普及しないんだよっ!と毒づいてももうどうしようもありません。au music Portそのものは64bit版Vistaでも動きますが、USBドライバが動きません。これが動かないとケータイに転送できませんからね・・・。

おまけにVista対応は謳っていますが、XP SP2互換モードで動作させることとなっていますから実質は対応していないのとさして変わりません。動きますよという程度ですね。

Vistaにすら対応していないのですから64bitへの対応なんてだいぶ先になりそうですね・・・。こりゃmicroSDを買った方が早いかもしれません(苦笑) 最近安くなっていますしねぇ。

とはいえ、そんな大容量を必要ともしていないんですよね。ケータイで動画みたいとかそういう欲求もないですし。そうなると今時の大容量メディアは宝の持ち腐れになります。16MBで満足していた人間ですから・・・w

う~ん、ケータイはUSBマスストレージクラスには大抵非対応だからなぁ。Linuxで扱うことはもう諦めていますが、Vistaでも扱えないというのは想定外だったわ・・・。

やっぱ、ケータイはケータイで独立して利用するのがやりやすいってことなのかねぇ・・・?^^;
ScribeFireから「続きを読む」を作れるのかテストー。
これつけるとどうなるんだ・・・?
[日常]ケータイ機種変更しました
今日は実にネタの多い日です。まぁ、活動する時は一気にいろんな事をやってしまうという典型ですね。やらない日はまったくしません(ぉ

さて、表題にあるとおり、ケータイを機種変更しました。

W55T | CDMA 1X WIN | KDDI株式会社

今回買ったのがこちら。電器屋で
「そーいや最近ケータイのチェックしてなかったなぁ。久々に見ていくかー」
と眺めていたときに一目惚れしちゃいました><

なんせ薄い! auのケータイでここまで薄かったのはなかったんじゃないかと。
こないだまで使っていたケータイはW43Tで、これも同時期に出たケータイの中では薄い方だったんです。けど今回のW55TはW43Tのおよそ半分! 一番分厚い部分でも6割くらいの分厚さしかないんじゃないでしょうか。非常に薄く、そして軽いです。

見た目は非常にシンプルといいますか、ステンレスで高級感を醸し出してます。が、指紋つきまくります(苦笑) 気になる方はずっと拭いていそうですね。えぇ、私もですw

なぜこんなに薄いのか。理由は単純で、機能が少ないからです。最近流行りのワンセグとFelica(おサイフケータイ)がついていません。カメラもAFなしと割り切ったケータイです。ケータイは電話ができて、メールができたらそれでいい。そんなユーザにはオススメです。今なら機種変更だろうと0円で買えます。お得です。

ただ、デメリットといいますか、欠点も多いです。まず薄いのがこのケータイの特徴ですが、そのためかバッテリーの持ちは他のケータイに比べて悪いみたいです。カタログに書いてある数字を鵜呑みにしちゃいけません(これはどの機種にも言えることですが)。

また、キーがシートキーですので、メールの達人とでも言うべきスピードシューターには不向きです。また、突起などもほとんどないので「ながら打ち」もやりにくいと思います。慣れ次第とは思いますが、やりやすくはないでしょう。

ビジネス向けというコンセプトらしく、かなりとんがったケータイかと思います。私は自分の求める性能にぴったりくるので即買いでしたが、価格コムの口コミなどでは結構酷評されているので、もし買おうと思っている方はショップでモックをよく調べるか、実機を触らせてもらいましょう。

今回はフルサポートを選んでの0円でしたが、2年間の縛りというのは結構痛いかも。W43Tは20ヶ月でした。ようやくKCP+対応の機種もちらちら出始めたので夏モデルを見てから変えても良かったのではと言う考えも浮かんだんですが、その頃にはこのケータイは店頭から消えてしまいます。なかなかこの薄さには出会えないんじゃないかなぁと思っての購入です。ワンセグなんて見ないしね!w

それに、2年経ったらKCP+ケータイの安定感も増しているでしょう。今は出たばかりにも関わらずもう5回もケータイアップデートが行われる不安定っぷり。ちょっと手を出すには勇気がいりますモノね。さぁ、2年間よろしく頼むぜ相棒・・・!
[Linux][Compiz]透明化オプションの効果
Compizの透明化オプションの効果を動画で紹介します。アカウントがなくても見れるように下に外部ブログプレイヤーを貼っつけておきますが、このサイズでは文字が見にくいと思います。

アカウントをお持ちの方は、

こちらをご覧ください。動画は800x600で投稿してますので、最大化して見ると文字も見やすいと思います。

画質にそれほど拘らなかったらLinuxでもまぁまぁ動画は作れるようになったのね。Avidemux2がFLV1を吐けるようになっていたのがありがたかった。スクリーンキャプチャするアプリの保存形式がOggなので、Avidemux2で読めるようにするにはaviに変換する必要があるのが玉に瑕か。

まぁでもそれもスクリプト作っちゃえばすぐ片付く訳で。前に作ったスクリプトがHDD吹っ飛ばしたおかげでなくなってたのが計算外でしたが(苦笑)

ということで、これを機にLinuxにも興味を持って貰えたらと思いますー^^
[Linux][Wine]ま、負けた・・・Orz
ゲーム wineで東方

ほんとはコメントを入れるだけというつもりだったのですが、なぜかコメント内に禁止キーワードが含まれていたらしく、コメントできなかったのでTBにします。
引っかかるような言葉入れたつもりは一切ないんだけどな・・・。どれが禁止ワードだったんだろ?

さて、内容ですが、上記リンク先にてWineによる東方シリーズの動作検証がされてます。
私も過去に風神録体験版を動かしてみたんですが、動くには動くけどFPSが・・・って状態だったんですよね。

それがこちらを見ると、なんとFPS60出てる! 60出てたら実機と変わらないからLinuxで東方できるってことやんかー! これはすごい。ジョイスティックは最近のディストリだと挿せば動きますので、これで問題なく遊べるということですね。いやはや恐るべし・・・。

風神録はやっぱどうしてもSEがでないみたいですね。風神録には確かMidiは付属していなかったと思うので、こればっかりはどうしようもないのかも。SEないとちょっくら寂しいんですよねぇ。他のシリーズだと鳴ってますので、風神録特有の問題か、あるいはこれ以降の作品はみんなそうなるのかどっちかですね。前者であることを祈る><

にしてもWineもほんと進化したもんだ。トラバ先では「特にWineの設定を弄ってはいない」と書かれていましたので、今また東方を動かしたらFPS60で動くのかもしれません。あるいは私のマシンスペックが足りていないという可能性もありますが(苦笑)

ふむ、東方動くんならガチでWindowsいらなくなるかもしれんな・・・(ぁ

※08/05/02 22:32追記
さっき試して見たところ、やはりFPSは20~30程度・・・。どうして60も出てるんだ・・・? UbuntuとFedoraの違いか、あるいはスペックの違いか・・・。悔しいなぁ(苦笑)
[ゲーム][VP2]セラフィックゲート1周めクリア
残すところあとイセリア・クイーンのみとなっていたセラフィックゲートですが、先ほどようやくクリアしました。
戦ってみた感想ですが、倒すだけなら途中に立っているソードマスターとかバハムートの方が強い気がします(ぇ

というのも、イセリア・クイーンは種族が「神族」「魔術師」「デーモン」の3種類であり、スレイヤー系スキルで大ダメージが期待できるからなんですね。

おまけにバハムートからゲットできる「魔竜の角」ってなアクセサリが強力かつ有用なんですな。効果は「ATK・RDM(物理防御)+30% 神族に大ダメージ」というおいしすぎる効果。これ装備して、スキルに「マジックスレイヤー」をつけておけばもう大変な事に。

これにさらに「デーモンスレイヤー」つけたら完璧なんでしょうけれど、「マジックスレイヤー」+「デーモンスレイヤー」でCPを10ポイント消費してしまって、残るのが2ポイントだけなのでやめときました。アイアンフィストをつけて特攻ってのも、面白かったかもしれないですが。

今回はアクセに「魔竜の角」x3、「アダマンタイト(HP満タンでダメージ20%UP、聖属性+30%)」をつけたフレイとブラムス、「魔竜の角」x2、「ムーンパール(MAG+30%、瀕死時パーティ全体にファーストエイドの効果)」x2のアーリィ、「ムーンパール」、「トライエンブレム(AVD+30%、RDM+50%、RST+30%、炎耐性+90%)」、「黒の竜胆(即死、転送以外の状態異常耐性100%、一定確率で攻撃対象を毒、混乱、沈黙、凍結、麻痺、石化、気絶のいずれかにする)」、「魔竜の角」のレナスで挑みました。

スキルは
レナス:「フェイント(ATK+MAGで攻撃できる)」「フリーアイテム(AP0でアイテム使用可)」「マジックスレイヤー」「アイアンフィスト(ATK20%UP)」
フレイ、アーリィ:「フェイント」「マジックスレイヤー」「アイアンフィスト」「マジックバースト(MAG20%UP)」
ブラムス:「フェイント」「マジックスレイヤー」「アイアンフィスト」「ブレイクアップ(部位破壊時ブレイクモード突入確率UP)」
をセットしました。イセリア・クイーンは装甲が多く、人間タイプですがブレイクモードへ突入可能という事でブレイクアップ。ブラムスは単発の通常技のダメージが大きめですので適役です。当て易いし。

で、さらに万全を期すため、台座には「錆の戒(RDM1/2、ATK3/4)」「色無しの理(属性耐性0%)」「聖光の理(物理攻撃に聖属性付加、相手からの聖属性の攻撃吸収、闇属性への耐性-100%)」をセット。敵の防御力と攻撃力を下げ、属性抵抗を無効化。さらに攻撃は聖属性としました。で、こちらの装備は聖への耐性100%で挑みます。

これにより、イセリア・クイーンの物理攻撃を完全無効化しました(笑) どんだけ攻撃力が高かろうと、属性に対する耐性を上げてしまえば怖いモノはありません。さらに、HPが少なくなってくると大魔法を使ってくるんですが、それも聖属性であるため被ダメージは0。逆に可哀想になってきますね・・・。かの恐るべき女王乱舞も0ダメージ。惨めですな・・・!

よって受けるダメージは心配なくなりましたので、あとは時間内に倒せるかどうかだけです。これはブレイクアップによりブレイクモードに突入できるかどうか、要は運次第ですが分のいい賭けです。どうせダメージは0ということで所持する封印石は「糧なき突撃兵の理(ATK1.5倍、HP回復無効)」「鋭剣の理(ATK1.5倍、RDM1/2)」「理紡ぐ大樹の加護(全ステータス1.2倍)」「張子の加護(HP最大時ATK・MAG1.2倍)」と超攻撃的シフト。喰らわなければどうということはないってな感じですな。

この体制でレッツチャレンジ。3回目にしてダイレクトアサルトができました!下に画像貼っておきますねん。
イセリア・クイーン登場
イセリア・クイーン撃破
アーリィのスカートひらり
最後のは関係ないおまけです(ぇ アーリィ様のお御足が見えたのでついw

さて、これでひとまず1周目はクリアできました。2周目以降はさすがにきつそうなんだよなぁ・・・。金の卵でドーピングしようかしら。2周目からは敵に絶対先制付けたらハムスターの公太郎に100%遭遇できるらしいので、そこでひまわりの種をゲットしてフルドーピング・・・。あとは咎人の剣取るだけやからなぁ。さすがにそこまでの元気はないかも。

う~ん、いい加減VP2も終了か!?
[Linux][Fedora]Pulseaudioについて
うちのBlogを訪問してくださる方の大半がpulseaudioで検索しておられるようです(アクセス解析より)。pulseaudioとPulseaudioが1位と5位にランクインしています。というか、大文字小文字の区別は付けなくていいと思うんですがどうなんでしょうね^^;

しかし、そんなにpulseaudioについて記事書いてたっけなーと思って自分のblogをサイト検索してみました。

airedge.blog89.fc2.com での pulseaudio の検索結果 約 48 件中 1 - 10 件目 (0.17 秒)

まぁこの検索結果には重複が含まれていますから、ユニーク記事数では多分20件弱ってとこでしょう。
思ったより書いてるな^^;

Googleのサイト検索で1位に来たのは
[ PulseAudioで他PCのサウンドを再生] by Linux奮闘中! -某OSとも共存-
でした。Linuxマシンのサウンドをネットワーク経由でWinマシンで鳴らしてやる方法の解説ですね。こんなマニアックなことを他にする人がおられたんですかねぇ・・・? この逆、Winマシンの音をLinuxマシンでで再生って方が需要はある気がするんですけれどね。主にVMwareあたりで。

ともあれ、せっかくPulseaudioに関する情報を求めてこちらへやってくる方が多いのですから、何か有用な情報を提供したい。とは思うのですが、なかなか思い当たらないんですよねぇ(苦笑)

現時点ではメリットよりデメリットの方が目立つ印象。ALSA+dmix/dsnoopが優秀なため、Pulseaudioを使わなくても何も困りません。というか、Pulseaudioに対応していないアプリも少なくない(AudacityやSkypeなど)ため、使い勝手が悪くなることさえあります。

ということで(?)、ネタがないため、PulseAudioとALSAの関係についてちょっと考察してみます。
Fedora7まではALSAドライバがサウンドを統括しておりましたので、ボリューム設定やらなんやらはALSA用のミキサーソフトで設定しておりました。

Fedora8になり、PulseAudioというものがALSAとサウンドアプリケーションの橋渡しをするようになりましたので、PulseAudio用のミキサーソフトが用意されました。しかし、大元となるドライバは今もALSAですから、ALSA用のミキサーももちろん存在していますし有効なわけです。

ここでちょっぴり面倒な状況が生じます。音量調整などはALSA側でもPulseAudio側でも可能なんです。ユーザからすると混乱の元になりそうです。

ハード的に考えれば、ALSAのミキサーはスピーカに繋がっている大元のアンプであり、PulseAudioはそのアンプに繋がっているラジカセというように見ることができます。

実際、PuulseAudioのボリューム設定にある「Output Devices」のボリュームを弄っても、ALSA側のボリューム設定は変更されません。PulseAudioが管理するボリュームとALSAの管理するボリュームは完全に独立しているということですね。

このため、PulseAudio経由で音を鳴らすアプリケーションのボリュームを個々に設定できるわけです。そこにメリットを感じるかどうかは微妙ではありますが^^;

私は個々にボリュームが設定できることは評価しています。ちょっと効果音が小さめなチャットクライアントのボリュームを高めに設定していたり。使い方によっては便利でしょう。

ただ、そういったことにメリットを感じないのであれば、pulseaudioを削除してしまってもデメリットはほぼありません。大半のアプリケーションはALSAで問題なく動きますし、これまで動いてきたのですから。

どうやら最新のUbuntuにもPulseaudioが搭載されたらしいので、今後Pulseaudioが主流となっていくことは間違いないでしょうけれど、現段階では無理して使う必要はありません。ハードウェアを抽象化するという考え方は好きなんですけれども、まだ安定度などから見ても微妙なラインです。

あ、複数のサウンドカードを利用する場合はPulseAudioは結構面白いと思いますよ。処理は重くなるようですが、同じ音を複数のサウンドカードに出力させることができるらしいので。エセマルチスピーカ環境も構築できますね。あるいは1台のLinuxマシンの音を複数のLinux/Winマシンにネットワーク経由で鳴らす、なんてことも可能です。どんな利用シーンかちょっと思いつかないですけれど^^;

できたら、PulseAudioの設定ツールからALSAも弄れたらなーと思います。入出力が複数あるようなサウンドカードだと、ALSAの設定を変えてそんでもってPulseAudioの設定を変えて・・・みたいな処理をしなくちゃいけなかったりするので。それとも完全に分離してる方がいいのかなぁ・・・?
[続きを読む...]
[News]実際にやってみた
土井宇宙飛行士が軌道上で撮影したブーメランの映像

宇宙空間でブーメランを飛ばしたらどうなるのか? それに実際チャレンジした動画ですw

動画を見ていただければ分かりますが、めっちゃ見事に戻ってきてます。ただ、手元に戻ってくる頃には回転が止まっている?ようにも見えます。

にしても、面白い動画ですねぇ。宇宙空間でもちゃんと戻ってくるあたり、ブーメランってのはよくできてます。原理は結構単純らしいんですが、宇宙空間でも回転による揚力ってきっちり発生するんですね。

個人的に、一番すごいなーと思ったのは、ちゃんと手元に戻ってきたことですね。重力が地球上とは全然違うわけで、地球で手元にもどってくるからといって宇宙空間で戻ってくるかは分からないわけで・・・。

いやー、「実際にやってみた」ってカテゴリではこれ以上はないってくらい楽しめましたw 宇宙までいってブーメランですからねw(もちろんこれが目的で宇宙に行ったわけではないですけれど)

この動画では宇宙船内ですので、次は宇宙空間でぜひ試してほしい・・・w