Linuxを中心とした話題を投稿予定。 使用ディストリビューションであるFedoraが中心になると思われます。http://oedipa.wiki.fc2.com/にてTips Wikiを公開してます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC6 Beryl編
Windows Vistaが発売されていよいよ次世代OSの時代到来か!?ってなってる感じですね。
 VistaといえばAeroが目玉のひとつな訳ですが、Linuxも3Dデスクトップでは負けてはいないと思ってたり。
と、言う訳で、ここでLinuxの3Dデスクトップ機能を利用した私のデスクトップをさらしてみまふ。
Screenshot@Beryl.jpg
デスクトップ回転中のスクリーンショット。まぁこの回転動作になんの意味があるのだと問われたら答えにくいのは事実なんですが(ぁ、オプションでウィンドウの上下関係を可視化するようにしています。傾ければ下に隠れている部分も見えてるって寸法ですね。デスクトップをぐりぐり動かしている間も画面は変化しつづけますから、動画を見ながらぐりぐりもできます。意味があるかは知りません、えぇ(ぇ
これ以外にもいろいろと機能が付いてまして、VistaのAeroで出来ることは大概できます。+αの方がよっぽど多いです。ユーザビリティを高めてくれる機能より見た目楽しむ機能の方が多いのは否めないところですが、リソースは大して喰っていないのが救いかな。こんだけウィジェットをごちゃごちゃと置いているにも関わらずメモリ使用量が500MB切ってるんだからなかなかの軽量仕様。軽いに越したことはありませんしね。嬉しい限り。
ちょいと愚痴るとしたら、KDEよりもGnomeの方が親和性が高いところかな。KDEでも使用上特に問題は起きないけれど、起動時に前回のセッションとして残っていてくれないのが悲しいかなぁ。まぁ回避法くらいすぐ見付かりそうだけれど。
今後こういう派手なデスクトップに移り変わっていくのかな、と思うと私は楽しみなんですが、地味なのが好きな人にとっては頭が痛い問題なんでしょうね(苦笑)
けどやっぱり、派手なのって、いいじゃな~い?(笑)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:UNIX/Linux
ジャンル:コンピュータ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。