Linuxを中心とした話題を投稿予定。 使用ディストリビューションであるFedoraが中心になると思われます。http://oedipa.wiki.fc2.com/にてTips Wikiを公開してます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぐさー、だくだくだくだく
ここ数日悩み続けたプログラム収束しない謎ですが、ようやく解決。無事収束するようになりました。

が、正直言って納得できていなかったり。ちょいと理論にも関わってしまうのでもう少し細かい部分を詰めてチェックはしなきゃですね。

ただ、動作するようにはなったのでひとまずは安心。C#に比べるとやはり実行速度が上がってますね。比べるのはいかんことではありますが。また、FFTのライブラリがありがたいことにメモリ節約に貢献してくれましたし。

ただ、メモリ管理はやはり面倒だし、バッファオーバーフローなどのケアレスミスも相変わらず多いので、あまり組みたくないのが本音^^;
動作確認用のプロトタイプはC#で、がっつり条件を変えてベンチ的なシミュレーションを行いたいときはC++で実装、ってのが私に合っている気がします。最近ではMATLABも多少覚えてきたのでそちらもプロトタイプ作成に使えそうですね。

今回組んでいて思ったのは、配列渡したらグラフ描画してくれるライブラリが欲しいなってことです。C#にはあったんで持ってるんですが、C++用で扱いやすそうなのが見当たらないんですよねぇ。あるとは思うんですが。やっぱり結果をぱぱっと確認するにはグラフ描画ってのが便利ですからねぇ。Linuxならgnuplotにアタッチしたらいいんですけど、Winだとどうなんだろ? なんか便利なライブラリないかしら。そう考えるとやっぱりMATLABは便利よねほんと。

とりあえず今までの研究で取り組んできたアルゴリズムはC#に集結させているので、それをC++にも移植して後輩に残しておきたいところ。C#は後輩たちには不評だからなぁ。便利なんだぜ?(苦笑

さて、懸念していたプログラムができあがったので、ここからは趣味の時間だ! さぁて、カレンダーウィジェットでも作りますかねぇ^^
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。