Linuxを中心とした話題を投稿予定。 使用ディストリビューションであるFedoraが中心になると思われます。http://oedipa.wiki.fc2.com/にてTips Wikiを公開してます。
思い立ったが吉日生活。
今日、ほんとに思い付きで光学式マウスを買いに行きました(爆)
前々から欲しかったんですが、買いに行こうと思ったのは思い付きです。
以前近所のPCショップに行ったときにUSB接続の光学式マウスが\1000で売ってたんですよ。
「お、安い!!!」
ってなわけで、購買侯補に入れてはいたんですが、私のポリシーと言うか何と言うか、マウスとキーボードはそれ専用のPS/2コネクタが付いているわけだから、わざわざUSBに接続するなんて勿体ないと思うんですよね。
USBにはスキャナやデジカメとか普段はあまり頻繁には使わない、でも使いたいときにはスッと接続できる、そんなデバイスのために空けておきたいんです。
と言うことで、PS/2変換コネクタが付いているのであれば何の文句もないんですが、その\1000のマウスは安物のためかUSBオンリーだったんですよね。
それで、暫くは買わずに静観の構えを取っていたんですが、今日思い立ったわけで、とりあえずPCショップへ。
そこでふらふらとマウスを見てまわっていたら、結構あったんですよ、安い光学式マウス。
しかも、包装とかその他もろもろ派手な装飾は一切ございません、そのかわりお安くさせて頂きます的な商品が多かったので私としては大助り♪
とりあえずUSB端子でPS/2変換コネクタの付いた手頃な大きさの光学式マウスを買って帰りました。お値段\1200!!! 安っ!!!
ただ、私のPCの設置場所の都合上割とケーブルの長さが必要だったので、100均でUSB延長ケーブル(1m)を買って準備万端。帰って接続してみて衝撃の事実が!!!
ケーブルの長さ足りました…(泣)
思った以上にケーブルが長くてですね、丁度いいあんばいに届きました。まぁ、延長ケーブルは持っていて損はしないでしょうし、\100ですし置いておきますが。
そして使ってみてまたまたビックリ!!!
カーソルが飛ぶ!!!(泣)
どうやらマウスパッドとの相性が悪かったらしく、机の上で直に使えば問題なく動くのですが、マウスパッドをひくと飛びます。
とりあえず今はマウスパッドなしで使っていますが、特に問題ないですよね…?
あぁ、これでマウスのボールの掃除から解放される…(嬉)
しかし、PCショップと言うのは恐ろしい場所ですね、欲しいものがポンポン出て来ました…。
物慾魔人と化しそうです(笑)
さぁ、今度は何を買いに行くかなぁ(爆)

関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
俺なんかほとんどの買い物が衝動買いですから、最初に1000円で発見した時点で買ってたかも。
ただやっぱり学生は如何せん貧乏ですから(?俺だけか?)こういう性格は直したいですね。
ただ「安く買えた¥」って思ったらなんか幸せになる今日この頃おじさんならぬおばさん化が進んでいるのかな??
そのうち延長ケーブル使う機会があるといいですねw
2004/06/21(Mon) 00:26 | URL  | miko #79D/WHSg[ 編集]
こんばんは~!マウスの話が出てたので思わずコメント!
光学式なんて邪道なのは×!マウスは中になんともいえない重さのボールが入っていて、ある程度のマウス使いになると・・・
中のボールだけを手首のスナップで回転させることができるんですね、つまりマウス本体は1cm位しか動いていないのに、ポインタだけは画面の端から端までいどうできるんですね。
これぞ、真のマウス使いのカタルシス・・・
って、私も光学式使ってますけどね・・・ボール式のイイマウスがあればな~しみじみ
※ごめんなさい、何言ってるか訳わかんない(恥
2004/06/21(Mon) 02:30 | URL  | kankyaku(観 #79D/WHSg[ 編集]
★ mikoさん
延長ケーブルはUSB1.1だろうと2.0だろうと使えますしね、使い道は必ず出てくると思いますよ~。やっぱどれだけ市場価格よりも安く買えたかで満足度が違ってきますよね(笑) いえいえ、これはおばさん的ではありません。大阪人的です(爆)
★ kankyakuさん
お久しぶりです! おぉ、マウスの達人になるとそんなことが!?
って、光学式マウス使ってますやん!!!(笑)
でも最近ではマウスひとつとってみてもたくさんの種類がありますねぇ。ボタンの数も増えてるし・・・。
きっとそのうち手にフィットするオーダーメイドのマウスとか出てきたりするんでしょうねぇ(遠い目)
2004/06/21(Mon) 22:21 | URL  | code_air_edge #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック