Linuxを中心とした話題を投稿予定。 使用ディストリビューションであるFedoraが中心になると思われます。http://oedipa.wiki.fc2.com/にてTips Wikiを公開してます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PC]VMware最新版ではいよいよDX9.0c正式対応らしいですよ?
まぁこれまでも非公式?にDirectXを有効にすることはできていたわけですが、今回のバージョンから正式に対応だそうで。

これで他の仮想化ソリューションからは一歩抜きん出た感じはしますね。VirtualBoxに関しては完全にDirectXは無効ですしねぇ。

とはいえ、OpenGLに関してはまだだめだそうで、最新版であってもCompizは動かないと思います。Compizが動かせたら面白そうなのになぁ。

まぁでも、LinuxでDirectXアプリを動かしたいならWineで大概動くようになってるし、あんまり仮想化も必要ないかなとか思ってたり(笑) 多分、VMwareで東方は60FPS出ないだろうしなぁ。Wineなら出るんだし、メリット薄そう。

あぁ、けどネトゲとかならどうなんだろ? OpenGL使ってるゲームはダメだけど、DirectXなら大丈夫ってことだもんな。パンヤとかなら動きそうだ。

何にせよ、仮想化もここまで来たか、という感じですね。VMwarePlayerはダウンロード時にユーザ登録いったっけか? カーネルの更新の度にconfig.plを実行してきたけど今度からそれもしなくていいらしいし、PulseAudioにも対応したし、1個仮想イメージを作っておくのもアリかも知れんなぁ。

VirtualBoxのメリットが見当たらなくなってきましたよ???
あぁ、VMwarePlayerは仮想イメージ作成やら管理はめんどくさいんだっけ。あぁ、VMwareServerは重いしなぁ。難しいところですな^^;

やっぱWineでいいやw
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。