Linuxを中心とした話題を投稿予定。 使用ディストリビューションであるFedoraが中心になると思われます。http://oedipa.wiki.fc2.com/にてTips Wikiを公開してます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[読書]09年02月に読んだ本
ということで、2月に読んだ本でございます。今月は多いっすよ!

一覧は続きを読んであげてください。ここでは感想などを。

先月は7冊読破という自己ベストを更新いたしました。電車での移動中にしか読まないので、結構よく読んだ方なんじゃないでしょうか。
この加速を生むきっかけになったのは間違いなく、Velnirが貸してくれた「世界平和は一家団欒のあとに」シリーズでしょう。特殊能力を持つ登場人物の話ってのは往々にして強さがインフレしていくきらいがあるのですが、このシリーズは能力云々ではなく、家族の絆に焦点を当てているため、ぶっ飛んだ設定の割にすごくまとまっていました。

主人公の年齢設定(高校生)もよく表現できてると思います。読んでると「なんでてめーはそんな考え方しかできねぇんだよ!」とイラッ☆とくるところもあるんですが、でも高校生なら割とそーゆー思考をするんじゃないかなーとも思ったり。高校生なのにやたらめったら落ち着いててもヤですしねぇ(笑)
まぁ、高校生だと女子の方が大人びた思考してると思うよ!w

ということで、1ヶ月でシリーズ(現在発刊されている分)を読み終えちゃいました。昨日Velnirと遊ぶ機会がちょうどできましたので返却。Velnir多謝!

で、次に「ハイスクールD×D」。完全に絵買いだったんですが、予想に反して、といいますか、期待を裏切って面白かったです。めちゃくちゃ面白いとまではよー言いませんが、まだ1巻ですしね。説明口調みたいになっちゃうのはしょーがない。次巻以降に期待。ジャンプ的なノリが結構よかった。

さて、このペースを維持できるかどうか。それよりも先に本の置き場所を考えないとなぁ…^^;
先月読んだ本の一覧はコチラ!
なかなか圧巻ですねぇ^^

2月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:2062ページ

ハイスクールD×D1  旧校舎のディアボロス (富士見ファンタジア文庫 い 3-1-1)ハイスクールD×D1 旧校舎のディアボロス (富士見ファンタジア文庫 い 3-1-1)
みやま零氏のイラストということで読んだけれど、文章も割と面白かった。ジャンプとかその辺のノリだなーという感じ。
読了日:02月27日 著者:石踏 一榮
世界平和は一家団欒のあとに〈6〉星弓さんちの非日常 (電撃文庫)世界平和は一家団欒のあとに〈6〉星弓さんちの非日常 (電撃文庫)
最後のおとぎ話だけが不満。まぁあれは余興ということでしょう。ゆーちゃんよりも軋人がガキなのは、いかにも高校生らしくてよいと思う。
読了日:02月23日 著者:橋本 和也
世界平和は一家団欒のあとに〈5〉追いかけてマイダーリン (電撃文庫)世界平和は一家団欒のあとに〈5〉追いかけてマイダーリン (電撃文庫)
疑問に思うところはいくつかあるけれど、そんなちっぽけなことはどうでもいいやと思えるくらいには面白い。
読了日:02月18日 著者:橋本 和也
世界平和は一家団欒のあとに〈4〉ディア・マイ・リトルリトル・シスター (電撃文庫)世界平和は一家団欒のあとに〈4〉ディア・マイ・リトルリトル・シスター (電撃文庫)
彩ねえカッコよかった。しっかし、毎度ながらゆーちゃんは肝心なところには立ち会えないね
読了日:02月12日 著者:橋本 和也
世界平和は一家団欒のあとに 3 (3) (電撃文庫 は 9-3)世界平和は一家団欒のあとに 3 (3) (電撃文庫 は 9-3)
ストレートな表現で、読んでいてとても気持ちいい。ちょっと青臭いけどそれがいい。
読了日:02月09日 著者:橋本 和也
世界平和は一家団欒のあとに 2 (2) (電撃文庫 は 9-2)世界平和は一家団欒のあとに 2 (2) (電撃文庫 は 9-2)
敢えて言えば、ちょっとオチが弱かったかな・・・?
読了日:02月06日 著者:橋本 和也
世界平和は一家団欒のあとに (電撃文庫 は 9-1)世界平和は一家団欒のあとに (電撃文庫 は 9-1)
ぶっ飛んだ設定の割に破綻していない。ただ、詰め込みすぎている感もあり。
読了日:02月03日 著者:橋本 和也

読書メーター
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。