Linuxを中心とした話題を投稿予定。 使用ディストリビューションであるFedoraが中心になると思われます。http://oedipa.wiki.fc2.com/にてTips Wikiを公開してます。
昨日のポストは誤字だらけですねぇ…
意識が朦朧としながら書いたおかげで悲惨なことになってます(でも書き直さないw)。
今の感覚で言うと、なんとか地獄を見ずに「う、うぅ、え、えぐいなぁ…」くらいで済みそうです(どの程度ましなのか分からない)。
今、大学の実験ではPCを使って小規模なネットワークを構築し、サーバを立ててそれの管理を行ったりしています。自分の興味のある分野だけに、やってて楽しいですし、調べるのも楽しいです。
大学入ったばっかりのときは(当たりまえですが)基礎となる数学や物理、一般教養なんかがメインで、専門科目はほとんど無くって、正直言って退屈でした。今3年ですが、専門科目ばっかりで、大変ですがとても楽しく感じています。ただ、楽しいのは内容がある程度「分かる」からだと思い始めて来ました。基本をやって、その上で応用として専門科目をやってるので、程度の違いはあるにせよ分かって来るんですよね。レポートに追われるのは必死ですが、サーバの立て方、ポートの意味、設定の仕方、アクセス制限の仕方…etcと、自分でサーバを立てて細々とたのしんでいる私に取っては非常に興味深く、ありがたい内容です。
今までなら「そんなん知らん、やりたくもない」と思っていたことも沢山あります。でも、案外基礎からやれば分かるのかな、そんな気もして来ました。自分の苦手とする内容も大分具体的に分かって来ました。ようやく、自分と言うものが見えて来はじめたかな、そんな感覚があります。
将来どんな自分になりたいか、今まではほとんど浮かんで来なかったんですが、この頃はおぼろげに浮かんで来るようになりました。自分の将来像、就きたい仕事、そう言ったことを決めなければ行けない時期は、すぐそこまで来てしまいました。本気で、自分を見つめる時期なんだな、そう感じています。
自分は何が得意で何が苦手で、何をすることができて何をすることができないのか、具体的に思い浮かべる…、そんなことをしながら過ごす今日このごろ。結構、充実してるのかも(笑)。

関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
大学生、という身分は僕自身体験してないので、大きく言えない事ですが、大学で決めたことを一生続ける事が出来れば、とても良いかもしれませんね。紆余曲折する人生よりは、若いうちに自分の打ち込める事が見つかれば、それだけでも、これから先の人生にプラスになることでもあります。でも、決して焦る必要も無いとも思ったりします。人によって、どんな人生を過ごしたいのかは、本当に人それぞれだと思うし、それを決めるのは自分自身。昔と違って、自分なりに生きれる時代とも言えるから、かもしれませんけどね・。と、何だか妙な年上ぶった発言で、うるさく聞こえるかもしれませんが、しっかりと考えておくのもまた良いかもですね。
あ、長くなってしまいました。失礼。
2004/11/12(Fri) 19:14 | URL  | marubegs8 #79D/WHSg[ 編集]
marubegs8さんこんばんは~♪
いえいえ、年上ぶった発言、むしろかむひあです(笑) 私のBlogにコメント下さる皆さんが、大体私より年上なんですよ。んで、その方々のコメントと言うのがやはり自分にとっておおいに+になるんですよね。コメントを下さる皆さんにはほんと感謝です。
私は、自分の歩んで来た道は幸せであると感じています。これは、ほんとうに幸せなんだろうなと思ってます。これから先もそう思えるように、そんな自分でいたいですね。
2004/11/13(Sat) 00:14 | URL  | code_air_edge #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック