Linuxを中心とした話題を投稿予定。 使用ディストリビューションであるFedoraが中心になると思われます。http://oedipa.wiki.fc2.com/にてTips Wikiを公開してます。
個人情報
つい先日新車の写真をアップしましたが、実はデジカメで写真を取ったのは大分久し振りだったり(苦笑) 持ってはいるものの、なかなか撮る機会が無くって、せっかくなのでと言うことで新車をパチリ☆
そしてアップするためナンバープレートくらいは伏せておこうと思い、Linuxにてデジカメデータを取り込み、KDEのファイルマネージャであるKonquerorで開こうとしました。が、間違って(なんでそれを選んでしまったのかは謎)HTMLエディタを起動してしまい、画像ファイルだと言うのにエディタで見てしまいました(T_T) すると、意外なことに気付いたんです。画像と言うバイナリデータを無理矢理テキストモードで読んでいるわけですから、文字化けするのは当たり前なんですが、ヘッダの部分はマジックナンバーとしていくつかデータが埋めこまれていました。画像の識別情報くらいが入ってるのかな?と思って軽く眺めてたんですが、そこに見覚えのある文字列が。そう、間違いなく、そこには親父の名前が。おそらく、デジカメのデータを取り込むソフトをインストールした際(Windows)、購入者として登録したデータがヘッダ部分に入っていたのでしょう。一旦レタッチソフトか何かで編集してしまえばそのヘッダ部分は書き換わるのでそれほど支障は無いですが、普段気にしていない部分に思わず現れた個人情報にドキッとしました。「デジカメで撮った写真をレタッチしてメールで送ってみましょう!」って、必ず「レタッチ」が入るのは、このヘッダを消すためかしら?なんて思っちゃったり(笑) ま、さすがにそれは無いでしょうけれど、用心にこしたことはありません。皆さんも一度ヘッダ部分を除いてみると案外個人情報が眠っているかも知れません。ご注意下さいね…。

P.S 今回アップした車の画像はレタッチしておりますので個人情報は入っておりません。アシカラズw

関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
んーそれはいわゆるExifデータですね。
デジカメで撮影した画像にはシャッタースピードやらなんやらのデータが付随してます。
もちろんこのデータは何か画像処理を行って保存すると消えますが。
興味があるならどうぞー。
2004/11/16(Tue) 12:47 | URL  | Snow #79D/WHSg[ 編集]
Snowさんこんばんは~♪
そう!そう言えばExifって文字列があって、どこかで見た気がしたわ(苦笑)
なるほど…、こうやってそのときの状態を情報として埋めこんでたのか…、所有者の名前まで埋めこみやがって(笑)
2004/11/16(Tue) 23:55 | URL  | code_air_edge #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック