Linuxを中心とした話題を投稿予定。 使用ディストリビューションであるFedoraが中心になると思われます。http://oedipa.wiki.fc2.com/にてTips Wikiを公開してます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
立体視に挑戦
ふと昨日新聞の日曜版をチェックしていると、最後のページに立体視で見る写真が掲載されていました。
でも、でもでも!私実は立体視できないんです!!! (;_;)
とはいえ、今はネット社会。探してみれば立体視のやり方というか訓練のしかたも見付かるかも、と思い探してみました。
すると結構簡単に見付かりました。そこで紹介されていたのは「平行法」と呼ばれるもので、比較的多くの立体視に対応でき、まずはそれからマスターしましょう、みたいなことが書いてありました。
やり方はいたって簡単。左右の絵をそれぞれの目で並行に見るだけ。そうするとそのうちピントが惚けて3つの像になり、まんなかの像が立体的に見える,というものでした。
遠くを見つめるイメージで、と書いてあったのですが、んなこと言われたってきれいに左右の映像にピントが合ってしまいます(苦笑)
結局できないままあきらめて他のページを探していくと、平行法とは別に「交差法」と呼ばれるものもありました。こちらは平行法とは逆に、左右の絵を反対の目で見つめるものでした。要は寄り目ですね。こっちに挑戦していたんですが、一応指かなにか細い物を使ってアシストしてやるとなんとかまんなかに像を浮かびあがらせる事ができました。
えぇえぇ、それはもう感動しましたよ!w 初めて3つめの像にピントが合う時の焦点をあわせようとする感覚が体験できてすごく嬉しかったです(笑)
いまだに指かなにかのアシストはいるし、平行法はできないし、交差法でやってる間はまぬけ面だしとだめだめですが、できる喜びに溢れてます(笑)
あぁ、今まで見えなかったステレオグラムたち!!! ぜってー立体的に見てやるからなー!!!

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
見られたときの感動はわかります!
私もずーっと見ることが出来なかったんです。
でも大学のときに、これを見られる人と見られない人の脳波を調べる研究をしていた
友達に「見られない人」の対象に選ばれて、みまくりましたよ、えぇ、何十枚も(涙
見られないと地獄だったんだよね・・・どんなに頑張っても見えないの。
でも、一瞬見えた!と思ったらぼわっと浮かび上がって・・・
これを読んで、それを思い出しました^^
2005/05/03(Tue) 01:38 | URL  | atuko-k #79D/WHSg[ 編集]
atuko-kさんおはようございます♪
ほへぇ、脳波でそんなの分かるんですか、私もきっと見られない人の対象ですね(笑)
私も一昨日、昨日とたくさん見てますが、どうも平行法もマスターしないと見れないステレオグラムもあって困ってます(苦笑)
平行法も練習やー!!!
2005/05/03(Tue) 07:11 | URL  | code_air_edge #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。