Linuxを中心とした話題を投稿予定。 使用ディストリビューションであるFedoraが中心になると思われます。http://oedipa.wiki.fc2.com/にてTips Wikiを公開してます。
ふざけんな!!!
<ナイフ教諭>質問に「答えなければ切る」 鹿児島の中学

このニュースを見た途端、怒りが込み上げてきて、そして悲しくなりました…。
詳しくは上のリンクを見てほしいのですが、子供へ向けてナイフを突き付けて授業を行った理由が「作業をさっさと進めるため」だと言ったようです。

ふざけんな!!!

授業中ふざける生徒もいるかもしれない。そういった生徒を叱る、それは必要な事だろう。だが、答えに窮した事を咎め、カッターナイフを突き付けて「答えなければ切る」などと脅すバカがどこにいるというのだ?

私は先端恐怖症であり、カッターナイフといえども向けられると非常に嫌です。30cm離れた距離って、すごく近いですよ…。向けられた子供達が可哀想でなりません。

なぜ、、、なぜこうした事が起きるの…。人に刃物を向けてはいけません、なんて小学生だって知ってる…。もうほんとに、止めてあげてくれ…。

関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
まったく困ったことですね。
以前、今は退職された校長先生に聞いた話ですが、どこから見ても問題教師で、生徒のためにはやめてもらいたい教師を、校長はかなりの決意で教育委員会の審査会にかけてもらうのだそうです。しかし、審査会では精神科医が判断する制度になっているため、分限処分になる例はほとんどない、とのことでした。確かに、首になった人よりも現職教員の方が患者としては好ましいかもしれません。であるなら、背後に利害関係が存在する可能性があるので、もう一方の当事者である保護者の代表に審査会委員に加わってもらう必要があるのではないか、と思います。法律や制度には明るくないので、的外れの考えかもしれませんが、こうした制度の改善が、意外に重要なのではないかと思います。
2005/05/08(Sun) 10:35 | URL  | narkejp #79D/WHSg[ 編集]
narkejpさんこんばんは。
本当に、困った事です…。
>以前、今は退職された校長先生に聞いた話ですが、…
そうなのですか…、教育委員会に訴えても分限処分になる例はほとんどないのですね…。
>もう一方の当事者である保護者の代表に審査会委員に加わってもらう必要があるのではないか
これは確かに必要かもしれません、しかし、保護者には学校の先生の様子を知る術が現状ではあまりありません。まずはそこから始める必要はありそうですね。
いずれにせよ、子供達が安心して学校生活を遅れるような環境を作ってあげてほしいです。。。
2005/05/09(Mon) 20:48 | URL  | code_air_edge #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック