Linuxを中心とした話題を投稿予定。 使用ディストリビューションであるFedoraが中心になると思われます。http://oedipa.wiki.fc2.com/にてTips Wikiを公開してます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっぱ統一規格は便利でいい
次期OfficeはXMLが標準フォーマット、「.doc」が「.docx」に
「Open XML Format」は次期MS Officeに何をもたらすか?
最近XMLが大ブームですね。私もずいぶんとその恩恵に預っています。BlogのRSSもXMLですしね。これのおかげでサイトの巡回がほんと楽になってます。
そして何より、「プラットフォームレス」なんですよね。HTMLと同じでタグ構造になっているので、その記述が視覚的にもわかりやすく、またデータの取り扱いも楽になります。また、HTMLと違い拡張独自タグも作成できるのが強みですよね。HTMLとCSSの関係のように、データ部分をXML形式で保存しておけば、それを解釈して表示、編集するUIを取り換えるだけで様々な事が出来ます。
また、MicrosoftのこのXML規格で保存したファイルはOOo等のソフトで読み書きできるのかも、と言う期待もしてます。KDEのOfficeスィートであるKOfficeは一足先にXML形式でファイル保存を行っており、OpenOffice.orgもそれに準拠してきています。互換性が高まるとLinuxでWinの文書が読めるようになり、かなり助かるんですよね。でも、Winとしては基幹のアプリケーションの一つでしょうから、そうそうフリーのアプリケーションに持っていかれるのは困るでしょう。なので、何か仕掛けて(?)くるだろうと思ってます(苦笑) まぁ、それならそれでしかたないんですが、何にせよ方向としては互換性を高める方向に向いています。
XMLか~、テキストエディタでWordのファイルを編集できたりするんだろうか? 出来ないよなぁ、やっぱり(苦笑)

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。