Linuxを中心とした話題を投稿予定。 使用ディストリビューションであるFedoraが中心になると思われます。http://oedipa.wiki.fc2.com/にてTips Wikiを公開してます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックボールの使い心地
トラックボールを使い出してちょっと経つので、今の使ってみての感想をば。
まず、ポインティングデバイスとしての動作には全く文句ありません。気持ちよくポインティングできています。マウスパッドからはみだしたり引っかかったりすることもなくストレス無く移動できています。たまにマウスと同じ感覚で省電力モードになったディスプレイを起こそうとトラックボールデバイスそのものを軽く動かしてしまったりすることがあるのは秘密です(ぁ
ただ、私の購入したトラックボールはホイールボタンが付いていないので、ホイールスクロールには対応しません。その点だけが若干不便ではあります。とはいっても、キーボードでほとんど事を済ませているので困ることはないです。でも世間一般そういうわけにもいかないでしょうから、もし購入を検討されている方が居られましたら、ホイールボタンが付いているタイプのものをお買い求めになるとよいかと思います。
また、今回購入したトラックボールは光学式ですので、メンテナンスフリーというのも魅力ですね。ポインティングが荒いということもないので助かっています。ただ、光学式であるが故に、ボールには模様が入っていることが条件になります。アクセで楽しもうと考えているなら、むしろ機械式の方が良いかもしれません。機械式だと模様は関係ないですから。
以上、簡単なレビューを書いてみました。私はトラックボールにして正解だったと思っています。もう少ししたら種類も増えてきそうですし。トラックボールファンが増えるといいですねぇ♪

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。