Linuxを中心とした話題を投稿予定。 使用ディストリビューションであるFedoraが中心になると思われます。http://oedipa.wiki.fc2.com/にてTips Wikiを公開してます。
電子書籍は読み難い?
「400字以上」は苦痛、電子書籍を購入しない理由トップは「読みにくい」
一時期電子書籍は盛んに取り上げられていましたが、最近はちょっと下火ですね。個人的には電子書籍には将来性があると思っているんですがねぇ。
Y!Newsの記事によると、400字以上は苦痛なんだそう。400字なんて読んだらあっという間だと思うんですが…^^; では、何がそんなに読み難いと感じさせているんでしょう?
思うに、字の大きさが関係してくるのではないかなと。電子書籍が登場したとき、電子書籍を読むデバイスとしてはケータイやPDAなどの携帯端末が挙げられていたように思います。これらのデバイスは基本的にはディスプレイはそれほど大きくはありません。そんなディスプレイ領域にみみっちく文字が書かれていては、それは確かに疲れます。
じゃあ、パソコンで電子書籍を読むのはどうか? これも意外と普及はしてないんですよね。紙の本と違って流通にコストがかかりにくいため安価に手に入ることの多い電子書籍ですが、あまり活用されているように感じないですね。
では、紙の本と電子書籍、何がそんなに違うのか。一番違うのはデジタルかそうでないか。電子書籍はデジタルな本です。つまり、『大量コピーが簡単』という点が厄介な点でしょう。本の内容は当然著作権で保護される対象なのですが、デジタルコピーを防ぐことは非常に難しい問題です。デジタルコピーを完全にできなくしてしまえば、せっかく電子書籍の本を持っているのにそれをケータイやPDA、PCそれぞれで見るために同じ本を3冊買わないといけないことになります。馬鹿らしいですよね。自分がきちんとお金を出して買った本なのに自由に好きな所で読めないなんて。でも、コピーができるようにしてしまえば、それを不正にバラまくことを防ぐことは非常に難しいです。
その為、出版社側としては電子書籍よりも紙の本を重視する傾向にある、と以前どこかのHPで見た事があります(すいません、どこだったかを見付けることが出来ませんでした)。
また、紙には紙のよさもあるんですよね。紙には自分で自由に書き込みが出来るため、気づいた事などをすぐそこにメモできます。参考書といった書籍では、メモできるかできないかは大きいですよね。
ただ、電子書籍にもメリットはあります。管理するために必要なスペースはディスク程度のものですから。劣化も防げますし。買うのが楽、というのもありますね。
電子書籍にはまだクリアすべき課題が残っているかとは思いますが、もう少し流通してもいいような気がします。頑張れ、電子書籍!

関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2005/08/28(Sun) 21:20 |   |  #[ 編集]
こんばんは。有料の電子書籍の普及はまだ難しいでしょうね。不正コピー等の問題もありますけど、やはり見にくいというのは致命的かなと思います。安いと言っても有料ですし、その分扱いにくいと客は遠のきますよね。同じような物としてオンライン小説とかありますが、大体無料ですし、お手軽さで言えばこっちの方が上かも知れません。私も公開する際は読みやすいようにレイアウトを考えたものでした。両方とも、目が疲れてしまうという点に置いては一緒なのですが(わざわざ印刷すれば別ですがw)。電子書籍が活用される為には見やすさを追求するか、ヒトの目を強靱にするしかないのかも知れませんね(笑
2005/08/28(Sun) 21:24 | URL  | Velnir #79D/WHSg[ 編集]
WEBで小説を公開している青空文庫で調べたところ、コンテンツが横書きでした。コンテンツの善し悪しは、文字の方向に左右されるわけではないですが、日本で小説をよく読む人のなかには、やはり縦書きで読みたいという人が多いと思います。
提供者側がそこらへんを配慮して縦書きにすることは可能だと思いますが、それをしていないのは、いろいろとコストがかかるからだと思います。HTMLって英文をベースとして発展してきましたから。読み手側で、データを一度ワープロソフトで読み込むことで、縦書きとして出力することは可能ですが、コンテンツを読むまえに色々と時間と労力がかかるため、なかなかそこまでやる人は少ないかと思います。
僕の場合、本というものは、「さあ、読むぞ」と気合いを入れて読むのではなく、あくまで自然にページを捲るものです。電子書籍が読むための煩わしい準備をしなくても良いようになるのであれば、利用しても良いと思っています。
2005/08/29(Mon) 06:48 | URL  | standardline #79D/WHSg[ 編集]
私も紙の方が好きですねー。本というメディア自体が好きなのがありますが。
電子媒体で思うのは、ナナメ読みがしづらいことですね。一覧性が低いので。スクロールしながらナナメ読みって、さすがに出来ませんからー(笑)
読む場所を問わないのは紙媒体でも同じですし、電子書籍に特化したものは、縦書きの物も多いですし、上の方々が仰言っている点は、私自身はあまり問題ではないと思っています。
電子媒体の便利な点は、情報の検索が楽なことだと思います。ですから、紙よりも電子媒体に向いているコンテンツも多いと思いますので、私が売るとすれば、そちらの方向での企画を考えますねぇ。
2005/08/29(Mon) 13:07 | URL  | xiaoxia #79D/WHSg[ 編集]
★ narkejpさん
私もWEB上の文書を印刷して置いておくことはたまにあります。WEB上の文書はいつまでもあるとは限りませんものね。
>テキスト形式が一番~
確かに。汎用性は高いですよね。いや~さすがに私はLaTeXまで持ち出して整形はしないですねぇ(苦笑 恐れ入りました!(笑)
★ Velnirちゃん
そうなのよね、安くてもお金はかかる、それでいて見にくいとか扱いにくいとなってはあえて買う必要もないからねぇ・・・。
オンライン小説も結構「続きを読みたい方はカンパ金を・・・」みたいな形でお金取ってるところもあるよね。電子書籍も結構無料のものはあるんだけどな~。
ま、見易さで言うなら、それこそSFに出てくるような空間に映像を投影する装置を開発したら広がるかも!?(笑)
2005/08/29(Mon) 21:46 | URL  | code_air_edge #79D/WHSg[ 編集]
★ standardlineさん
xiaoxiaさんも仰っていることなのですが、電子書籍のビューワはほとんどが縦書き表示可能です。フリーのものでテキストも含めて縦書き表示してくれるものもたくさん出回っているので、縦書きか横書きかと言うレイアウトに関してはそこまで問題ではないかもしれません。
ただ、確かに電子書籍はそれ専用のデバイスでもない限りは自然とページをめくる感覚とはやはり異なります。本だと読みたいときにさっと手にとってパッと開けばいいわけですが、電子書籍だと起動するまでに時間がかかるかもしれませんね。それがいやだ、という人もいるのかも。ん~、越えるべき壁は多いかな?(苦笑
2005/08/29(Mon) 21:57 | URL  | code_air_edge #79D/WHSg[ 編集]
★ xiaoxiaさん
私も紙と言う媒体は好きです。何かと融通が利くんですよね(笑)
確かに、辞書なんかは検索機能やリンク機能がつけられそうなので便利だと思うんですが、なら電子書籍でやらなくても今もう出回ってるやん、というツッコミがきそうです(苦笑) 
なので、私としては「音楽」と結び付けてみてはどうか、と感じています。それこそゲームのサウンドノベルのような形になりますが、私はサウンドノベルならばかなり長い文章であっても楽しんで読めています。そのページの雰囲気に合わせた音楽をBGMとして流せばよりいいものが出来上がる場合もあるのではないかな、そう考えています。
デジタルな媒体で紙と同じく絵と文字だけで勝負する必要はないんですよ。音楽や動画、そういったものも組み合わせていいんじゃないか、そう思います。
2005/08/29(Mon) 21:57 | URL  | code_air_edge #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック