Linuxを中心とした話題を投稿予定。 使用ディストリビューションであるFedoraが中心になると思われます。http://oedipa.wiki.fc2.com/にてTips Wikiを公開してます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんとか復旧
initrdの再構築でもやっぱり失敗。ちょっと手の打ちようがなくなったのでFC4 x86_64版をインストールしていたパーティションを消去し、そこにFC5をクリーンインストールしてみることに。起動するかを確認するためだけなので最小構成にてインストール。するとあら不思議、起動しやがったんですよねぇ(苦笑) で、訳分からないのでHDDインストールを強行。既にyumで最新のFC5になっているにもかかわらずそこにFC5を上書きアップグレードしました(笑) まぁ、実際には意味ない作業なんですけれどね(苦笑) で、それで起動したかといいますと…起動せずOrz なんでやねん!何が違うねん!!!ってことでブートパラメータを確認してみると、"acpi=off"というオプションの有無が異なっていました。
FC4にした直後くらいだったか、どうもシャットダウン処理が正しく行われないという状態が発生し、それを回避するためにACPIを無効にする必要があり、ブートパラメータに"acpi=off"を追加していたんですよね。ただ、去年の年末にM/Bを交換したためどうやら別にこのオプションは必要なくなったらしく、それに気付かずず~っとオプションを付けたままだったんですよね。別段何の問題もなかったんですが、FC5のカーネルではどうもこのオプションのせいで起動時カーネルパニックを引き起こしたようです。一概にこのオプションが悪いという訳ではなく、私の環境特有のものだとは思うのですが^^; 実際、ぐーぐる先生に尋ねても情報はなく、Fedora JPのBBSにもそういった事例は報告されていませんでした。
で、acpiオプションを削除したところ無事起動しました。一体起動するまでの苦労はなんだったんだろうと思わざるを得ない訳ですが、まぁFedoraを更新するときは毎度毎度毎度毎度苦労してますのである意味「あぁ、今回もか」という諦めの境地であったりします(苦笑)
しかし、起動してからもやっぱり大変でした。というのも、FC5のカーネルはnon-GPLのモジュールを読み込まないという致命的なバグが。ビデオボードはnVidiaのドライバを使用していたのですが、いつものようにモジュールを再コンパイルしようとしても諸々のサイトで指摘されているように失敗。ついでにVMwarePlayerのモジュールも失敗。VMwarePlayerはまぁ急ぎはしないのでそれほど問題にはなりませんが、nVidiaのドライバはあるとないとではかなり負荷が変わってくるのでこちらはFedora JPのっbSにて紹介されていた方法でモジュールをインストール。幸運にも最新のカーネル向けのドライバが提供されていたので亊無きを得ました。
が、それとは別でなぜかサウンドが鳴らない。モジュールはきちんと読み込んでいるのになぜか鳴らない。こういうとき一番怪しいのはボリュームが0%になっていることだけれど確認した所そうもなっていない………!? いや、違う。0%だしOrz
どうもミキサーのチャンネル順が変わったらしく、以前はアナログのボリューム設定が左側、デジタルのボリューム設定が右側にあったのにそっくり入れ替わっていました。で、アナログのボリュームはきちんと設定されていたため、ぱっと見て「あぁ大丈夫だな」と勘違いしてしまったという訳なのですOrz きちんと見て確認しておけばもう30分ほどは早く気付けたな…。
と、無事Xもサウンドも復旧し、Fedoraの更新作業が終了しました。新規で入ってきた興味深いパッケージとしてはデスクトップ検索ツールのBeagleでしょうか。Gnomeとは比較的連動しているようですがKDEとはあまり連動していないよう(苦笑) まぁKDEが更新されていけば連動されるんじゃないかな。デスクトップ検索ツールはあまり利用したことがないんですが、まぁきっとあると便利なんでしょう(笑) リソースは余らせる位なら使っとけ!っていう性格なのであまりそのあたりは気にしていません(気にしろよ)。
あと意外だったのはamaroKが最新の1.4beta2だった事ですね。結構変更点が多くてまだ掴みきれていませんが、beta版が入ってくるとは考えていなかったので面食らいました。プレイリストと再生情報がコンバートされていませんでしたが(プレイリストというか、ダイナミックモードに変更があったのかな?それとどの曲も初めて再生になってた。スコアは残ってたけれど)、動作に概ね問題はなさそうです。
今のところ唯一困っているのがメールデータですね。Y!BBのアカウントのメールをfetchmailにて自分のPCのIMAPメールサーバに取り込んで、それをThunderbirdで取得しているのですが、振り分けたメールボックスのディレクトリがThunderbirdから見えなくなってたり(苦笑) まぁデータ自体はおそらく存在しているので、復旧はそんなに難しくないとは思うのですが、なんだかなぁといった感じですね(苦笑)
さすがにメジャーバージョンアップグレードは堪えますね。今回はちょっとカーネルのモジュールの問題などが結構出てますから、FC4で安定しているなら変更はしない方が無難かもしれません。こいつは結構、バギーかも知れませんねぇ(苦笑)

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。