Linuxを中心とした話題を投稿予定。 使用ディストリビューションであるFedoraが中心になると思われます。http://oedipa.wiki.fc2.com/にてTips Wikiを公開してます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次なるβサービスは
Windows Live Mail Desktopです。Windows Live Mailのβ版に参加しているとメールが送られてくるのかな? OEの代替となるソフトで、インターフェースとかは一新してますね。WindowsLiveに参加している人にとっては見慣れたインターフェースです。みんなあれで統一するって事みたいですね。
Windows Live Mail Desktop(長いな・・・、以下WLMDに略)をインストールし実行するにはWindowsLiveIDが必要なようです。それさえ持っていれば管理するアカウントはWLMであろうとHotmailであろうと一般のPOPアカウントであろうと構わないようです。
最近のメーラに搭載されている機能はあらかた搭載されてますね。メッセージングフィルタ、RSSフィード、それになぜか文字化けてましたがニュース購読も用意されてます(文字化けているのは一部だけで恐らくニュースの内容は化けてないと思う。未確認)。
またこれはWLMDならではの機能ですが、RSSフィードがIE7と同期、WindowsLiveMessengerとの連携が挙げられますね。ただ、個人的にはRSSリーダーはブラウザにひっついてて欲しいのでメーラに搭載されているモノは利用しないんですよね^^; ただ、Thunderbirdにも搭載されているように、きっと需要はあるんでしょうね。さらに、WLMDには(以前の投稿で紹介したとおり)広告が入ってました。広告はWindowsLiveの広告で、なぜかクリックしても何も起きませんでした^^; 多分リンク先に飛ぶはずなのでしょうが・・・、どうなってるんでしょ^^;
全体の完成度としては十分な感じです。またHotmail(WindowsLiveMail)を受信できるメーラはそう多くありませんから、選択肢としては悪くないかも知れません。ただ、起動にWindowsLiveへのログイン作業が必要となるので、スタンドアロンで起動するツールとしては不向きですね。オフライン作業は出来ないかも知れません(未確認)。
新しい物好きな方はチャレンジしてみてはいかがでしょう?

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。