Linuxを中心とした話題を投稿予定。 使用ディストリビューションであるFedoraが中心になると思われます。http://oedipa.wiki.fc2.com/にてTips Wikiを公開してます。
それは仕様です
昨日、「OOoは痒いところに手が届かない」ってな投稿をしたんですが、今日そのうちいくつかは原因と対策が分かりました。
まぁ諸々の不都合の原因というのは単に
「OOoがネットワーク上(Windowsネットワークなど)からファイルを開いたり保存したり出来ない」
ということに起因してました。サウンドファイルを挿入しようとしてもうまく行かなかったのは、ソースとなる音声ファイルがWindowsネットワーク上にあったからという理由でした。スライドのファイルと音声ファイルをローカルへコピーしてきたら問題なくサウンド鳴りました^^; 確か私はデスクトップにディレクトリを作ったはずだったんですけれどねぇ。気がつくとそれがショートカットになってて、てっきりどっかCドライブかDドライブあたりに放り込まれてたんだと思ってたんですよね。そしたら無線LANでファイルサーバに置かれていました^^; まー誰かがそうしたんでしょう。毎回発表練習する度にローカルにコピーするのが面倒だとかそんなところでしょうか。
けどどっちみち発表本番は教室を移動するわけで、そのときには無線LANのアクセスポイントまで電波届かないでしょうからローカルにコピーしておかなきゃいけないんですよね。私が気付かなかったら誰も気付かなかった悪寒・・・w ま、早めに気付いてヨカッタヨカッタ。
OOoはネットワーク上のファイルのやりとりはできませんが、まーそれはOfficeスィートの特性上そんなに問題にはならないのかな? プレゼンはノートPCで行うことが多いだろうし、そのときにはローカルにコピーしておくモノだろうし。
ただ、エラーメッセージはもう少し分かりやすいものにして欲しかったなぁ。
Windowsネットワーク上のスライドファイルを開いて、編集して保存しようとすると
「一般的I/Oエラーです」
と出る。それじゃなんのコトかよく分からんですよ^^;また、挿入でネットワーク上のファイルを開こうとすると
「そのファイルはサポートされていません」
と出る。いやサウンドの挿入でWAVEファイルをサポートしてないならもうどれをサポートしてると言うのよw
まーネットワーク上のファイルを触ろうとするとうまくいかないということは把握したから、エラーメッセージをなんとかしてください(苦笑)
まぁそれを差し引いてもすごいソフトではありますけれど。
ま、解決してヨカッタヨカッタ^^
Tags: 

関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック